1DAY-25HOURS デザイン・フォー・ライフ

from ousia@web 高嶺(Takane)によるデザイン・フォー・ライフ. テキストと写真で綴ります.

March 2011

心的なことがらをどうとらえるかということについて。
かつてある大学併設の機関で、エンカウンター、カウンセリング理論について学んでいたことがあるせいか、読解あるいは理解する際に、感情的なものを含めて「何が言いたいのか」「どういった立場からこのことを言うのか」ということを数年かけて行っていたことがあります。
ロジャーズ理論を用いたこの方法は、しかし、分析を多用するために、突き詰めると自分の立場を容易には表出できなくなる。また、何が言いたいのか、またはなぜ遠まわしな表現をしなくてはならないのかといった立場を捉えるため、それ以上踏み込んではいけない領域を確保しながらコミュニケーションをとる癖がついてしまう。

また相手が言うこと、および、感情的・不安な心境といったものを共有する形で「私の不安」として入ってきてしまうのである。

モビリテ−・・・動かされやすさ、ともいえるのかもしれないのだが、これは単なる優柔不断ではなく、相手が置かれている立場を受容する手続きの中で起こることである。

問題なのは、私が了解したことを了解したくないという場合には、それ以上何か言えるのだろうか?

逆に言うならば、もしあることを理解しようとするならば、なぜそう捉えたいのか、何を言いたいのかというところまで遡行しなければ理解できない。


私がメールやネット上のやり取りを好まないのはそういった理由もあるのかもしれない。なぜならば、多大な誤解もまた起こりうるからである。

またメールやコメント、ツイッターなどは反応の速さが重視される。だが、それを受容した相手の立場をいちいち考えないでもよい、自分さえ発信できればよいという一方的なものを、コミュニケーションツールと捉えるのは抵抗がある。

一方的であったり、相手の立場を思いやらなくてもよい、という人にとっては便利なのかもしれませんが。
しかしこうした情報のやりとりによって、より閉塞的な状況、分断された時間と自己といったものが拡大しないとは限らない。




IF YOU TOLERATE THIS YOUR CHILDREN WILL BE NEXT.

この内容をはたして「自分の子ども、血族、親族」だけを指すものとしてとらえるならば真意は理解されない。(よって日本ではほとんど影響をもっていないマニックスだが、ヨーロッパではその逆である)





マイケルの歌詞対訳は正しいとはいえない(と私は思っている)
Man in the mirror は 鏡の中の男、ではない。
それは映し出された自分自身のことであって、「自分自身から変わろう」ということなのだ。


「来たるべきもの」あるいは「より善きもの」は、希求されることによって、実践もまた問われるものである。


「中間」で「待っている」だけでは何も改善されない。
完成に至る過程は受身であったり「誰か」が何かしてくれることを期待することではなにも変わらない。

犠牲と知恵の忘却、自分さえよければ問題はなく、気分のよさや自己満足の「癒し」などとるにたらないものだ。

犠牲者・奉仕者を美化することで終ってもいけない。
それは問いとしてうけとめなければならない。「観たくない」という理由で蓋然的になってはいけない。


STAY BEAUTIFUL.


ニコラス・ジョーンズが、今なお用いるこの言葉は、在り方の問題を意味する。

他方、ある人、ある立場がこの世界と一言で言ったとき、すでに一方的・全体性の傾向を含むのかもしれない。

「良い」「正しい」と「思われ」たり、「信じられた」ときに、誤りはすでに生じていまいか。人為が為しうるもののうち、例えば98%が人知の領域ではないか。1%の遇有性、1%の完璧さ、または時間を超えた領域から見えるであろう結果。

これら、判断停止の領域が付け加えられることが必要なのではないか。

(ただしこれは、例えば諦観を示すものではない。)


全体性と無限―外部性についての試論 (ポリロゴス叢書)全体性と無限―外部性についての試論 (ポリロゴス叢書)
著者:エマニュエル・レヴィナス
国文社(1989-03)


P1020985

L.D.ブレスウェイトはロゼッタ咲きのイングリッシュローズ.

周囲にはセージを植えています。新しい葉も出てきました。

またフェスの照明あわせがありました。
会場の見廻りを頼まれて、私は今回は見学していないのですが、その間にはフランス留学時のお話などを聞くことができました。芸術的なことを公的な場で行う意義についてもお話したりしました。

*****

追記になりますがフェス自体は、市内の施設使用が3月はできなくなり中止に。止むを得ませんが、練習していたことができなくなって(特にライモンダ)娘は残念そうでした。
地震後は、数日間自主的なレッスンの場としてスタジオを開放していただき、参加しました。自主練習中に、音をかけてくださったり、数日間の自主レッスン期間は藤沼先生が送ってくださり。またレッスンが再開してからも途中まで小林先生に見守って頂くなど感謝しています。


Bunkamuraからの今後の活動についてのアンケートを依頼され、回答しました。
私見では文化は虚栄や虚飾なのではないと思っています。
節電は当然のことと思います。しかしそれを各家庭や私的領域にどこまであてはめるべきなのでしょうか。
そもそも、「使い放題」の電気やエネルギーではないのですから、それなりに良識があれば無駄は省いているか、省こうとしているはずです。天然資源に限りがあることも。
家計や経営・運営はそういったことないように考えなければ成り立たないならないものではないでしょうか。
エコノミー(経済)の起源はそもそもは家政(拡大家族である「家」の経営)であったことが、忘却されていることが多いように。

過剰な自粛はさまざまなことの萎縮や閉鎖性をもたらしてしまう。
生きることには、何かしらの「飾り」の部分が必要ということです。「美的なもの」とはそれ自体、それなりの努力や知恵、認識がなければ成り立たないものだと、思います。
あくまで個人的な意見ですが。

用事があって都内へでることもありましたが、Bunkamuraや丸井は大幅に節電しながらも営業していました。しかしなかには、不必要と思われるような野外の照明・スポットライトも点灯したままなどの大型店・ファストフード店も多く....
何か「命令・罰則・強制遮断」がなければみずから節制できないのはいかがなものかと思うのですが・・・
一例にすぎませんがGAPなどはやはり節電しながら営業していましたが、H&Mは3月の時点で一斉に関東圏での営業を一切やめていました。もともと私はあまり好きなデザインではないので、購入したことはないのですが。
大規模に展開するだけしておいて、何か不都合があるとただちに撤退するというのが良いことなのかどうか?


フェスに関しては、ホールでの公演の代わりに、スタジオで発表の場を設けていただき、通してみる機会があったことが嬉しかったです。眠りの「幻影の場」や「花のワルツ」 「ライモンダ」とヴァリエーション。
オーロラのVa.は仲俣さん、オディールのVa.は小林先生、ライモンダのVa.は藤沼先生が踊られました
フェスは中止・延期になってしまいましたが、夏には発表会があります。
予定では、娘はライモンダのヴァリエーションをやることになっているようで、以前から観ていたキーロフのDVDなどを観なおしたりしています。ライモンダは平野先生が出演されます。

辰巳先生のレッスンでは毎回楽しい!という言葉をレッスン後に聴きます。
宮本先生のレッスンでは、フェッテを練習したと聴いています。

先生方にはご指導いただき感謝しています。

110420_1235~01110409_0723~010001

オールド・ローズのつぼみも膨らんできました。フリージアの花を頂いたので活け、フレームの絵もシルクスクリーンに変えました。

仕事、家事やそのほかの役割など必須のことがらをひとつひとつ終らせなくては、という日々です。
自分では精一杯なところがあるのですが、なぜか大丈夫そう、頼れると思われるのが実は一番悩むところかもしれません。例年通りにいかないことも多く、お返事、お礼などなど滞りがちなところも多々あり申し訳ありません。

それから、私としては自分なりの責任で記事を書いていますので、全くの匿名での固有名詞を含む否定的なコメントは受け付けられません。私としては、良い、支持したい、リスペクトすることについて、広告が介入しない情報として書き留めておきたいためでもあります。

P1020985

写真は昨年5月のL.D.ブレスウェイト.
あまり本文とは関係ありませんが、育てた花にせよ、買った花にせよ、頂いたりする花にしても、私は枯れた花をゴミとして捨てることができないので、土に埋めもどすことにしています。
生命あるものを物としてみなすことができないがゆえに。


ヒュパティアは数学者の娘であり女性哲学者だった。
(私としてはこの呼称自体、ある種の偏見があると思うのだが)
アレクサンドリアの新プラトン学派の学校長になり、ストア派、アリストテレス哲学、所有物軽視について論じた。

しかし反ユダヤ民族主義的な大虐殺が当時おこり、ヒュパティアはその友好関係のために最悪の事態に遭遇した。
ユダヤ人でなかったのだが私用で馬車に乗っているときに、捕らえられて激高した信者の群れによって引き裂かれ,40歳で死亡した。
民衆の言い分は、彼女が「真の女性らしい」行動をしなかった、つまり男性の地位に就き公の学校で教育したと弾劾したのもその理由だった。

今日とて同じような理由で学問自体が禁じられる場合はいくらでもある。
「そのようなことはない」というのはそれが露見しないだけであり、事実として語られないからである。

学問が禁じられたり、公的な役割を果たすよりはいわゆる「内助の功」のような役割をすることが「美徳」とされる。
また、多くの場合は「そんな必要もなく、金銭と時間の無駄だ」と言われる。また「女性」であるというアイデンティティが非常に強い人(つまり個人の自覚よりも「妻」「女性」「母親」といった役割と存在事由が同一で疑うこともない人)からは、それ以上の感情的な理由によって、ほぼつるし上げのような状態が起こる。

ボエティウスは、東ゴート族の王と良好な関係をむすぶことで異例の出世をした。しかし突然万事が悪くなった、親ゴート族のキュプリアスという卑劣な人間が中傷をもってボエティウスを告発し、弁明したが捕らえられ、有罪となった。プラトン、アリストテレスをラテン語に翻訳しようとした最初の人だった。パヴィアの塔に監禁されている間に『哲学の慰め』を書いた。ほぼ死ぬ直前のことであって、・・・北方・ゴート族の刑罰は18世紀になってもひどいものがあるので(これをよく調べるようになると、よく問題になるカトリックの火刑はまだましだったのではないか、それゆえに何の罪もない人を火刑にしたフランス王シャルルが「善人」といわれているナンセンスなことがらも、多少は説明できるように考えられる。私見に過ぎないのだが、この刑罰が「見せしめ」であると同時に「尊厳」は「記録」されるからではないだろうか。刑死、暴力死は現在でも残っているが、これが隠蔽されることの問題はあまり問われていない。そして、この制度が存在しても、暴力自体(言葉の暴力も含む)はなくならないのである。応報はどのように断ち切るべきなのか。)


私が理解できないのは、嫉妬、羨望、および嘘を言うこと、また一方的に自分の都合を押し付けてくることに無自覚なこと。

私自身は偉大なもの、驚嘆することがら、人物などに対して称賛とか自らの在り方を問うことや改善したいという気持ちが興るのであって、それをねたましく思うとか、非難するという感情自体が理解できない。


常に万事がだめになるとき、権力と権威に関わるものがこうした言動に出ることによってその後よりすべての状況はより悪くなることがある。
忘却、暴虐、理不尽といったことが蔓延する、と思うことがある。

恐ろしいのは、かつて自らが否定し抗ったはずのものに、いつのまにか気がつかないうちに同じ過ちをしていることである。
真の自己認識を行うのは難しい。

だが、自分自身の内に、自我の分裂がおきている場合、主観と客観が真に別のものとして「純粋に」在ることができるのか?

純粋理性とすべてをできるだけ精緻に記述する方法をもって、また見たものを、常に質料、形相、作用因、・・・・可能態、現実態といったように分析的に日常ですらみていると、ほぼ感覚でとらえたとおりには、「現象」しなくなる。

「在るもの」とは実のところ感覚しえない、「存在する」以前のものをとらえることであり、・・・なぜかイタリアやトルコの人と話すときにはこうした了解が、在るためか、意思疎通にそれほど苦労することはない、のだが...

国内にいてそれがうまくいかない場合には、なぜか(私には理解できないのだが)、相手よりも自分が「上」であるという立場を保たないといけないという意識が強い場合には、まったくコンタクトがとれない場合も・・・生じる。閉じた言語の用い方がなされているからなのかどうか。

読むこと、および理解することは、自分に留まっている状態ではけして理解できない。

それはおそらく、現在の自分が在る場から「動く」ことによって初めて生じてくる、「開かれ」−了解の地平なのだ。

観ようとしなければ、何も見えてはいないし、知ろうとしなければ、正しく知る事もできない。

タイトルに書いたことは、ほぼ1日に5回以上は自問する事柄である。

その理由は、私自身は次のようなことがらを求めてはいないからである。
即ち「真なるものよりも、自らが傷つかないこと、気分よくくらすこと、「癒し」や「救い」を「待っていること」を望むこと、絶対に自分が正しいという立場から他を非難してばかりいるといった状態」こうしたことを望んではいない。

しかしながら、それを望むことが大多数の場合、「不在」であること、「不在化すること」が望まれるからである。

私としては、なすべきことをできる限り形にしたいと思っているし、理解するべきことを理解したいと思っているのだが、それを無意味であるとかほかさまざまな理由によってやめるように、具体的には父親から「死ぬように」昨年の夏以降言われつづけているという状況がある。今に始まったことではないのだが・・・
また普段仕事の関係で遭遇する事柄としては、能力も学力も十分であるのに、親の価値観から進学できないという人が未だにいるからなのだ。
(そして実際のところそれは貧困のせいではない、親の欲望が強く限度がないことが理由であったりもする。または最初から蓋然的になり、主観的に「その必要はない」と決め付けてしまう。)

またやはり同様に、父親の無責任さによって努力が無駄になるということがらはいくらでもある。家父長制はうまくいけばいいのだろうが、必ずしもそうではない、ということなのだが、今現在であっても個人が学んだり、探究するためにはその権利はそれほどは保障されていない。


これは憶測ではなく、経験上のことがらである。


タイトルは実のところ私の心境でもある。大抵の人は10代のころや子ども時代楽しい記憶があるのかもしれないが、私の場合はそうではない。
(拡大家族や古い家に育った人ならそうかもしれないのだが。よって私としては「まだ若いのだから」と言われるのが苦痛である。ボエティウスが夢にみた哲学の寓意、老婆に姿のほうも成り代わってもらいたいものだ、とさえ思う。)

ところでこのタイトル「生きるべきか、死ぬべきか」という台詞にしろ、シェイクスピアの37の戯曲にしろ、哲学なしには成り立たないといわれており、古い仮説が存在する。
「シェイクスピアはフランシス・ベーコンか」というもので16世紀末、17世紀初頭と時代は重なっている。
(同一人物というよりは、当時の英国では何かしら間接的な影響力が作用したと考えるべきかもしれない。ただ、直接的に関与するには階級の問題が壁になっていたかもしれない。北方のパトロネージは間接的であり個人的な友愛・庇護によるものではないことが多いから、ではないだろうか。)

そして自問してみるのだが、私も同じような憶測に頼りすぎていないだろうか?ある作品とある思想の類似を過度に結びつけようとしていまいか。

常に自己認識に注意をすることが重要であるという考える次第。



このページのトップヘ