1DAY-25HOURS デザイン・フォー・ライフ

from ousia@web 高嶺(Takane)によるデザイン・フォー・ライフ. テキストと写真で綴ります.

思想史と美術史、および時事については社会学観点より。舞台芸術、アニマルライツ、ジョージアン様式建築の輸入住宅インテリア、バラ園芸について執筆中。駐日英国大使館公認ブログ(2008-9).駐日英国大使館広報blog(2010〜)英国アンバサダー2015-2017 日英交流150年アーカイブ(国立国会図書館)にて記事閲覧できます。http://warp.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/284894/www.ukjapan2008.jp/blog/read/ ご連絡はメールフォームとTwitterDMから.  

4

   5月12日夜、ヴァルカナイズ・ロンドン青山にて開催された「イギリスの政治はなぜ面白いのか」著書『イギリス首相に学ぶ反論の伝え方』の志信梨花(しのぶりか)さんによるトークに行って参りました。
英国アンバサダープログラムおよび英国大使館からのご招待イベントです。こちらのイベントはヴァルカナイズさんからもご案内を頂きました。イギリス議会政治についてはかつて学んだこともあり、FBにて英国議会のLIVE中継動画を最近観たこともあり楽しみな内容でした。以下、内容をご紹介します。


image

まずは、英国議会、特に下院の議会と、近代的なEU、フランス、ドイツ議会の議場形式の差異を歴史的背景から映像を交えて紹介されました。一体イギリスの議会政治は他とどう違うのか、導入部から分かりやすい説明です。



議会は野党と与党がこのように向かい合いますが、これは伝統的に剣が届かない距離(言論で戦うとしても実際に力に訴えるようなことはないということもありますが、この中央に、女王・王の象徴でもあるメイスが置かれています。下院議会には王は伝統的に立ち入れません。

イギリス議会史については、西洋史特殊の英国史において多少勉強+履修したことがあります。イギリスは13世紀から700年にわたって議会の歴史があるイギリス。
議会制民主主義として三権分立、複数党政治など特色があります。

これは私が以前学んだイギリス近代成立までの歴史、議会史などで学んだ内容なのですが、最初は、度重なる戦費の負担を諸侯やジェントルマン階級となったその土地の代表者が王に好きなように課税や増税をさせないために交渉を求め、王権による増税負担を話し合うために生まれたという自然的経緯があります。マグナカルタ(大憲章)が1200年代に制定されたというのは昔学んだという方も多いかと思います。
そもそも政治や議会は法律のための議論と、税の再分配のための議論を行うものなので、当然、税負担をしている領民、市民にとっては生活とは無縁どころの話ではないのです。(不幸にも、いまだに政治と政治家は自分たちの主義主張を代弁してくれる人を支持するというような錯覚が日本ではありますが、ことはもっとシンプルです。といいいますか、政治についての意見は各自がそれぞれに語ればよいし、語り合うべきものなのです...そのためのコーヒー・ハウスやパブ、カフェであったはずであり...このあたりは公共圏の話にもなります)

そしてディベート、討論、議論、スピーチはやはり聴衆に解りやすく楽しみやすく理解されるようなスキルが必要ですし、英国のスピーチやディベートは大変に面白い。英国大使館からのご招待で、参加出席する行事や講演、セミナーなどでは、基調講演であっても聴衆とスピーカーの距離がぐっと近くなるような、ユーモアある導入や解りやすい言葉の選択でいつもさすがに言論やスピーチの伝統が違うなあと感じることが多いのです。


信夫さんからは、そんな英国の背景も紹介がありました。
シェイクスピアを読んでいること、演劇が密接に学校教育に関わっていることや、小学生の頃からプレゼンで自分の意見を他人にわかりやすく説明することを重視するといった教育の影響もある、と志信さんもお話しされていました。
日本の初等教育ではとにかく主張しないことを求めますからね...主張するため、説明するためにはどう話せばいいか、どんな喩を使えば説得的に説明できるか、というおとは自分で経験しなければ、人が何を言いたいかもあまり意識しない、言論を聞く力も育たないのでは、と以前から危惧しておりますが....
読解力も重要ですが、言葉そのもの、スピーチや人の意見、話しを聞く、そしてそれについて議論するということはトータルで必要でしょう。

志信さんいわく「イギリスの議会はまるで小劇場!」
それだけ言論、討論が活発かつアイロニー、ユーモアも交えた活発な議論が特徴です。

image

イギリス下院(HOUSE OF COMMONS)
この机上には聖書、法律書、議会手続についての書物など議会の場の本来性質をあらわすものが置かれているのも伝統的に決まっているものとのことでした。
冒頭にお話があった、イギリスのTV番組「プライム・ミニスターズ・クエスチョン」この番組でも政策議論などが大変面白く話されているとのことでした。

image

女王・国王が下院には入れず、メイスが象徴的に置かれます。
儀式的な議会開会の儀式を、毎年行うのも伝統に即しています。
2017-05-12-18-53-47


image


上院・下院の議会を開くときに毎年行わえている伝統的なセレモニー、これも700年前から続いています。
もし近代合理主義の立場からみたら、「無駄」と思われてしまうかもしれないが、歴史を大切にするし、かつてこのようにして議会制を続けてきた、先人たちの想いなども重視すればこれをやめようという動きにはならないということでした。このあたりは、動画でいろいろとご紹介頂きました。



ヴァルカナイズが会場なので、英国首相や党首たちのファッションについても。

image


GQの表紙となる首相。キャメロン首相自身はあまりファッションには関心がなく「マークス&スペンサーの服でいい」というジョークもあるそうですが、夫人のサマンサさんがプロのファッション職で彼女がすべてコーディネイトしているそうです。ご自身の"セフィーン"というブランドも立ち上げたとか。

image

メイ首相。日本では比較的堅実で地味なイメージでしか報道されませんが、メイ首相のトレードマーク、こだわりは靴!だそうです。たしかにいつも会見時はバストアップの映像ばかりで歩いているところはあまり見たことがなかったです。首相任命で女王に謁見したときもヒョウ柄のパンプス。素敵ですね!自分のスタイルは曲げない、どこか自分らしさ、矜持のようなものを現わしているこだわりに思いますし、似合っている。

2017-05-12-18-38-40









2017-05-12-18-50-40

長い議会政治の歴史の中で、議長の権限は大変強いです。
写真は女性の議長。乱闘めいたことがあれば即退場、あくまで言論なのです。ペンは剣より強し。


約1時間強にわたり、ドリンクサービスの中現在の英国の状況もお聞きできました。
最後に質疑応答もありましたので、私からは、マグナカルタ(大憲章)が制定されたこと(フランス人権宣言は宣言という形をとったが、マグナカルタは自然的にできたものとして差異を捉えることの重要性が度々問われます)法やこうした成立ちの中でもう少し英国の議会政治や法についてコメントをお願いしますと質問させていただきました。
英国は成文憲法をもちません。なぜか。法律についてはもちろん議論があり制定されます。しかし、あいまいな部分を残しているということも特色の一つ。その理由はいくつかあるとは思いますが、憲法解釈についてこうであるべき、これは違憲である、そうではない...といった議論に時間を費やしたくはないということも挙げられるようです。これは確かにそうなんですね。そこに時間を割かれてしまって実際の法案や法律制定に対する議論があまり深まらず、我が国でも個別の法律審議についてほとんど誌面でとりあげられたりしないまま、国会で決まったことだけが(ほんの少しばかり)報道されたり日常の話題にもならない。しかし法律のほうが密接なのです。法について多少学ぶと、生活にいかに法がかかわっているか、行動がどの法に相当するのか、意識が変わると思います。戦後まもなくから、今も日本人の法意識はまだまだ成熟にほど遠いといわれていますが、こうした意味や、今日の英国での議会についてお話しを聞けて愉しいイベントでした。




2017-05-12-19-35-46

   








志信梨花さん。当日著作も購入してきました。

著作の中から一文を紹介。「反論の伝え方」
例文は日本語と英語で両方書かれています。

「あなたには好感を抱いており、侮辱するつもりはありません」
・・・好意や気遣いを示してから自分の主張をする

" I lile you Hon. Gentleman and what I am about to say is no disrespect to you at all."

(トニー・ブレア首相  2007年 p.50)




違いの比較のために。
こちらは典型的なEUほかの議会場です。

ブレア氏は、オクスフォード時代に、アンリールスーズというバンドを結成していたようですよ!(Twitterでもブレア氏が政界復帰というニュースをtweetしましたが)

その頃から、製作と弁論で聴衆を魅了したいという願望があったのではと思われます。

以下は歴代首相のスタイルや特徴をお話しされたときの写真です。

#英国アンバサダー
#ヴァルカナイズ

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ  
http://www.visitbritain.com/ja/JP/

http://www.visitbritain.com/ja/JP/
 

 
サッチャー首相。髪型、そしてリボンタイをあわせることが多かったようです、髪型は強いリーダー性その中にリボンタイのブラウスを合わせることでやわらかさも出ている感じがします。




          



展内撮影は許可を頂いていますので、せっかくですから初夏のヴァルカナイズ・ロンドンのディスプレイや商品の様子も。傘やレイン用ローファー、ネクタイやチーフ、服飾小物やリバティ製品、モルトン・ブラウンなど。
父の日のギフト択びで立ち寄ってもよさそうですね。
http://www.omotesando-info.com/shop/fashion/shop/vulcanize-london.html
(私はまだ行ってませんが、銀座SIXにも店舗が増えました。札幌店もあるはずです)
私はこの日は、友人の誕生日も近く、母の日プレゼントでリバティ製品などを選んできました。

https://www.vulcanize.jp/lifestyle/free-gift-wrapping/
ギフトラッピングも素敵です。無料で丁寧に対応していただけるのもとても魅力。
ギフトは心も一緒に送りたいからラッピングは選ぶときもお渡しするときも、開けてもらうときにも特別な嬉しいさがあると思ってます。








イギリス議会史の必読書はこちらです。近代イギリスについて学ぶ際に、また政治史関連、法学関係でも参考になると思われますし、参考文献やテキストに指定されているはずです。この本は文庫か新書化されるべきだと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
http://www.greatbritaincampaign.com/
GREAT

https://www.gov.uk/government/world/japan.ja

http://www.visitbritain.com/ja/JP/

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ



アーチの薔薇(Angela)がピークに差し掛かってます、GW中に開花するかと思っていた薔薇ですが、12日あたりからニュードーン New Dawnも開花し始めてしまい、ちょっとついていけません...家を出る時には時間があまりなく写真が...という日々になっています。夜明けは午前4時半くらいですから、うまくいけば一番いいときの写真が撮れますが。

2017-05-13-11-03-02

2017-05-13-11-03-17

2017-05-13-11-02-37


薔薇愛好家の写真が概ねいい写真をとられる方が多いのは、自分で育てているからベストタイミングがわかるんですよね。もしプロの方が写真を撮るとなると、午後や昼だともう花弁が開ききってしまいます。薔薇のカタログもしかり。書籍もいいですが、薔薇園芸されている方の実際の育てた感想や経験は結構役に立つと思います。どこかが登録制でアーカイブ化してもいいかもしれません。
日本ではまだまだ、切り花の薔薇、香りのないないハイブリッドの剣弁咲のばらが、ばらのイメージですが、薔薇の本来の魅力は香り、そしてブライア・ローズのような完全に開く前の秘めた輝くような美!
特に朝日を浴びているときは...

小さな鉢でも、コンテナでもミニバラでも...花のある暮らしを...

紫陽花も蕾がついてきました。
いくつか、記事にすることがあるのですが今朝は先週末の薔薇を。

気温があがり、ジャスミンがだいぶん、伸びてきました。アナベルも。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ 

livedoor
月組 <瑠璃色の刻>(於:赤坂ACTシアター)初日
西美 <シャセリオー展>と<スエーケン展>と”す...
インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...
”大神オーディンも照覧あれ...” 
咲いた薔薇を一輪ずつ...


音楽 おんがく MUSICA 5ブログトーナメント - 音楽ブログ村
音楽 おんがく MUSICA 5ブログトーナメント

作成しています。音楽の記事、レヴュー記事でエントリー下さい。レビューは過去記事でもOKですがいつ頃の記事かわかるようにしてください。16記事エントリー頂いてます。皆さまの記事もご覧ください。

4










<瑠璃色の刻> 赤坂ACTシアター公演初日、行って参りました。この公演
は大変なチケット難でして御一緒するはずの方と自分も最初チケットが確保できないことがわかり落胆していたのですが、なんとか初日は見届けたくて一人で行って参りました。月組公演に興味をもってリピート希望いただいたのに御一緒できなかった方には申し訳ない限りですが、見届けて来ました。

まだ初日ですから、あらすじや核心には触れず、雰囲気や舞台装置、衣裳について等々。


美弥るりかさん(美弥ちゃん)単独初主演ということで(前回のW主演は「KINGDOM」、バウ時代も87期88期89期はとにかく激戦の演者さんばかりだったのですよ、今と若干状況は異なる)、舞台はフランス大革命前のフランスです。

オープニングの群舞かっこいいです。目につく方が前列三名...ほかにもいらっしゃいますが、そこから美弥さんが出てきます。サンジェルマン伯爵の衣装は、どれも美しいですし、歩き方がもう...宮邸服の着こなし、フランス特有のキュロットの長さでデザインのポイントが決まりますが、ジャストなバランスかつ。跪くときの姿勢もパーフェクトです。ほんとうに形でその人の端正さ、優美さが出るのが凄い。(とはいえ美弥さんは現代的な役やナチュラルな役もできるんですよね。) 

螺旋階段のようなセットは、以前、日生劇場で観た、「十二夜」音月桂ちゃんが二役演じた時のセット以来の凄さです。
その階段も回転しながら美弥ちゃんが登りつつ、ラピスラズリの唄を歌う場面が素晴らしいです。


貴婦人たちの中では、晴音アキさん(たぶんグリーンのドレス)が似合っていました。

ブリドリnextで、蓮つかささんが、系統として明日海さんや月船さん系な気がする、それっぽいメイクにしていけばいいのかな、と思って書いてましたが、今回のメイクや表情をみて確信しました。衣装や場面が変わるときに探しますが、探すまでもなく目につきます。雰囲気がたとえば、月・スカピンのアルマン(みりおさんver)的といいましょうか。
それから他にも気になるかたがいましたが、これはあと数回見る中で。ネッケル登場する際の後ろにいたペールブルーの宮廷服着てる方や、フィナーレ群舞でちょっとオレンジっぽい髪色の方もダンス上手かったと思います。(後列)
それから、サンジェルマンの影の群舞では、貴澄さんがやはり上手い....

原田さん特有の、銃(長い)を持ったダンス(よく宙組でみるあれです)もありますが、ダイナミックです。センターが宇月さんのときに映えます。 ここの月城さんは見どころかなと。月城さんは、最初見たのは早霧さんのブリドリnextでした。私は雪は音月さん、早霧さん、未涼さん時代を一番見ていて。月城さんはお芝居的にはえりたん的なところを受け継いでるのかもしれません、えりたん特有の抜け感みたいな、月城さんならではのものが月で得られていけばいいですね...ソロ曲は素敵でした。  

海ちゃんのバレエシーン、シルフィードっぽい感じでして、アントルラッセ綺麗でした。イタリアンフェッテをいれてきたのは挑戦ですね。ワルツのステップもきれいではあるのであとは音楽に合わせて、音の豊さに合わせる感じで表現するといいかも。アティチュードはもう少し高いほうがきれいかと思います。 スチール、後半の青いドレスか始めに舞踏アカデミーに入ったあとでてくる時の衣装がよかった..


美弥ちゃんの二幕冒頭のバレエは、曲にあっていて...形を音のぎりぎりまで残像が残るような情緒、シェネからのパの連続など、ただ踊るというのではなく、魅せる部分のために回転やシェネなどが高速でぶれず、とても美しいです。 
DVDになれば細部まで見られるかと思うと。嬉しい限り!!

階段のセットも凄いですし、演出も...いろいろあり、ストーリー的な疑問もあるといえばありますが、また観られるのでコアな部分はまた違う回で。

カーテンコール、3回?4回?ラストは総立ちでスタンディングオベーションでした。
フィナーレ振り付けを良知さんが担当されたそうですが、特に男役群舞がかっこよいので、踊れる組でまたフィナーレ担当、フィナーレ男役群舞担当(ショー)してもらいたいなあと思いました。






「赤坂を瑠璃色に染め上げていきたと思います」

小道具使いや肖像画も良いです。
サンジェルマン伯の蔵書から知識を得るシモン。
さまざまなモチーフ、小テーマがあると思いました。

星は☆にしてますが、4.3以上くらいです。
舞台写真、サンジェルマン伯の衣装はすべて撮ってほしいです....キャトルでは19日から?発売ですが、会場先行で赤坂初日から販売されてます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ  

http://kageki.hankyu.co.jp/revue/2017/ruriironotoki/cast.html

"ミュージカル 『瑠璃色の刻(とき)』
作・演出/原田 諒
ヨーロッパ史に今も多くの謎を残すサン・ジェルマン伯爵。ある者は彼を不老不死の超人といい、またある者は稀代の魔術師だという。時空を超えて生きる錬金術師であり、比類なき予言者、そして正体不明の山師──。
ふとした事から謎多きその伯爵になりすました男は、瞬く間に時代の寵児となり、いつしか宮廷での立場は大きなものになっていく。しかし、やがて押し寄せる革命の渦に巻き込まれ…。18世紀フランスを舞台に、「サン・ジェルマン伯爵」として虚飾に生きた一人の男の数奇な生き様をドラマティックに描くミュージカル。"

http://www.sankei.com/entertainments/news/170513/ent1705130007-n1.html 
美弥るりか「瑠璃色の刻」 「2つの自分」役に重ね


Livedoor
インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

"大神オーディンも照覧あれ..." 

薔薇 ウィンチェスター カテドラル Winchester cathe...

西美 <シャセリオー展>と<スエーケン展>と"す...

咲いた薔薇を一輪ずつ...


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

4

2017-05-12-16-14-57


2月の設営中から行きたいと思っていた、シャセリオー展(国立西洋美術館)ようやく行って参りました。今月末までですので、私同様気になっている方は御見逃しないよう。ほぼルーヴル美術館からの出展で、モントリオール美術館ほか企画展でなくては観られない作品ラインナップです。
本展の感想も書きたいところですが、先に...今回デンマークのスエーケン展も同時に常設展スペースで開催しておりまして、久々に企画展と常設展方面の両方を観ました。それでやはり観た作品の余韻をもう少し大切にしたくて、目録で気になる作品をもう一度チェックしてみたりとか、なるべく時間がたたないうちにやりたいと思いました。午後も遅めだったので(この後青山へ)比較的すいれん(併設カフェ)も空いており、ランチセットを頂きました。これがオレンジソースのチキンソテー。美味しかったです。このソースは創ってみたい味。
スープ、サラダ、とミニデザート、珈琲・紅茶がつきます。ゆっくり食事できました。














2017-05-12-16-33-14
2017-05-12-16-54-47



中庭も見渡せるカフェレストランで、今まではなんとなく混んでるイメージがあったのですが、時々行ってみようかと思いました、ゆっくりできました。

さて、3月4月のモバイル版キーワードを掲載しわすれていましたのでここでまとめて。


3月モバイル版 (※度々言ってますが、Yahoo!は情報対応しなくなったので、検索はどちらかといえばYahoo!以外をお勧めしたくなります...。Yahoo!自体はビックデータを蓄積していると思われるので)

1 ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ
  ウェザー・ウッド
  インターコンチネンタル
  Intercontinental
2 ヒストリエ
  アレクサンドロス
  アーサー王
3 シンガラジャ
  クラブルーム
4 石化やなぎ
  ハーバリウム
  No.2不要論
5 旅行記
  ウィリアムモリス
  ホコモモラ

4月

1 LL.ビーン LL.bean
  ラグ
  ローラ・アシュレイ
2 タナシツツジ
  マルガリータ
  感想
  旅行記
  インターコンチネンタル
3 舞台
  インターコンチネンタルバリ滞在記
4 オールド・ローズ
        yorkshire
  FSS
5 デリダ
  井筒俊彦
  フォーシーズンズ
        サヤン
  アイビー
       テラコッタ

皆声 : 美弥るりか、朝夏まなと、真風涼帆、伶美うらら、澄輝さやと、蒼羽りく、龍真咲
  
2017-05-12-06-28-16
GUCCIのハーバリウム柄はこちら。



ややPCが不調なので追記と他の記事は後ほど。



にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ  

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




4
2017-05-12-06-39-13


庭の薔薇を一輪ずついけました。パット・オースチン、アンジェラ、緑光、ティージング・ジョージア、ワイルド・イブほか。



2017-05-12-06-15-35

茶卓はマリアージュ・フレールのジャポニズムな鉄シリーズ。リビエラカップがおすすめです。
(写真のはコム・デ・ギャルソンのデザインショップで買った汎用的なグラス・中身はルピシアのマスカット・ウーロン)

今年はラ・ローズ・ボルドーがたくさんさきそうです。

雨あがりのほうが薔薇はきれいにとれます。
まずは写真のみ。

今年は薔薇のカードを作れるでしょうか。どうだろうか。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ にほんブログ村 花・園芸ブログへ
 


4
2017-05-03-14-21-09

GW前半にライラックとオーニソガラムをいけたときの写真です。

2017-05-03-14-21-04

お稽古での仕上がりはこちら。
今オーニソガラムは白いほうも花が開いてきれいです。
このお花は結構いろいろと使える花です。鉢植えで外でも育てられるようです。
ちょっと育ててみたくなります。

白とオレンジをライラックとあわせてみました。普段使わない花器を使えるのも自由花の楽しいところです。

2017-05-03-14-20-38

2017-05-03-14-15-41

まだお花屋さんにライラックがあればぜひ。
芍薬と同じで何本か買っていけるだけで初夏らしくなります。


にほんブログ村 花・園芸ブログへ
 
http://www.sogetsu.or.jp/event/2016/201761690.html
草月流 90周年草月いけばな展 (於:新宿高島屋)

会期:2017年6月1日(木)〜6日(火) 
       

【同時開催】ショーウィンドーディスプレイ
5月30日(火)〜6月6日(火) 新宿眦膕2階ウインドー


https://www.facebook.com/ikebana.sogetsu/
いけばな草月流 Sogetu FB
いけるちゃん https://twitter.com/ikeru_chan

インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

薔薇 ウィンチェスター カテドラル Winchester cathe...

宙組 全国ツアー公演DVD <バレンシアの熱い花> ...

イタリアの花文字のカード GUCCI銀座店フロア リニ...

”大神オーディンも照覧あれ...” 

5
image


image



5日に銀座へ行った際に、銀座一丁目 「和貴」さん店頭にて、草月流のいけばなディスプレイがあり観てまいりました。






ドウダンつつじと流木が美しいです。風と題されていて、粕谷星華先生の作品です。
7日から12日まではアジサイがいけられるとお聞きしています。
できれば後半のいけばな展示も観に行ければと思っています。

銀座一丁目駅・有楽町が最寄りですが、もちろん銀座駅からでも銀座和光をアップルショップ前を通り、KIRARITO銀座前を通りみずほ銀行とコージーコーナーのあたりを下りますとあります。京橋と東銀座からも近いです。娘と一緒に観てきました。

http://www.sogetsu.or.jp/event/2016/201761690.html

創流90周年記念 草月いけばな展 :自然の花の中から、いけばなという別な花が咲くのだ。

会期:2017年6月1日(木)〜6日(火) 
        前期:6月1日(木)〜3日(土)/後期:6月4日(日)〜6日(火) 
        午前10時〜午後8時 ※ご入場は閉場時間30分前まで
        (ただし2日(金)は午後8時30分閉場、3日(土)は午後5時閉場、6日(火)は午後6時閉場)
会場:新宿眦膕11階催会場
入場料:当日券800円(税込)、前売券700円(税込) ※15歳以下は無料

 

【同時開催】ショーウィンドーディスプレイ
5月30日(火)〜6月6日(火) 新宿眦膕2階ウインドー

https://www.facebook.com/ikebana.sogetsu/
いけばな草月流 Sogetu FB
いけるちゃん https://twitter.com/ikeru_chan

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 花・園芸ブログへ


https://www.ginza-waki.jp/

にほんブログ村