Ousia@WEB DESIGN FOR LIFE

from ousia@web 高嶺(Takane)によるデザイン・フォー・ライフ. 商用利用・写真使用に関しては許可をお取り願います。

思想史と美術史、および時事については社会学観点より。舞台芸術、アニマルライツ、ジョージアン様式建築の輸入住宅インテリア、バラ園芸について執筆中。駐日英国大使館公認ブログ(2008-9).駐日英国大使館広報blog(2010〜)英国アンバサダー2015-2018 日英交流150年アーカイブ(国立国会図書館)にて記事閲覧できます。http://warp.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/284894/www.ukjapan2008.jp/blog/read/ 旅行、ライフスタイル、建築美術、美術史思想史等の記事、レポート作成以来ご連絡はメールフォームとTwitterDM   

下書きのままにしてしまったのですが、夏用のフレグランス、GUCCI Aqua di fiori を買った時の写真です。アメリカンリョウブをいけたときの枝を一緒にヴェネチアングラスの花瓶にいけました。水彩画の彩色は自分で以前に原美術館?のワークショップでやったものです。い ...

6月に早め休暇で1日舞浜にいっていました。写真はヒルトンのエントランス付近からみえる花火。夜はやめの時間にバーにいき、マンハッタンとマルガリータ。予約して窓際の席を用意してくれました!エントランスフロアにありますが、カジュアルかついい雰囲気でカクテルが楽し ...

タワレコ40周年らしく、キャンペーンハガキを貰ったのでいくつか写真をとりました。(一部投稿済)コーネリアスのリミックス集:CM2Radiohead 2nd The Bends1st(の前のEPも持っている)とこの2nd、KIDAが一番聞いたように思いますOK.computer が映画に使われてしまいそこ ...

剣山なしで水盤にいける、を更に技術的に高めるための課程です。アメリカンリョウブは夏期の7-8月の花がみごろで、アガパンサスの濃い花がありそれらをくみあわせてお稽古しました。比較的大き目で緑もいかした構成にするために、手持ちのワイヤーではなく先生が用意していた ...

アガンベンの「マヨラナの失踪」には表題にあるエットレ・マヨラナの論文が収められている。この論文は社会学雑誌のために書かれたが、筆者(マヨラナ)は公表するのをやめた。その後、1942年「スキエンティア」に掲載された。マヨラナが失踪した後である。物理学者エラスモ ...

草月流お稽古テキスト5のレリーフ作成です。半立体の壁掛け作品を目指す課程です。壁作品の場合は、生花をアレンジに加えて構成しますが、こちらのレリーフは土台となるベースに作品を構成するもの。まず先生からテーマの趣旨・主旨を説明していただきました。レリーフとい ...

写真は、6月中に一輪だけ先に咲いたてっぽうゆり、アナベルとアイビーです。それから、2月から3月にかけてフランスに行っていた娘に頼んで買ってきてもらった、二コラ・プッサンの<アルカディアの牧人たち>のカード。プッサンの絵画では一番好きな作品、といいますかフラン ...

テーブル花のお稽古でいけた白いひまわりです。ソケイ、ソロタゴ、虎の尾(ヴェロニカ)をあわせています。お稽古場として利用させていただいている生花店さんで、信楽焼の花器をお借りし、あわせました。(今年はお盆(東京のお盆は7月、関東では8月の終戦記念日周辺13-16 ...

6月末の写真ですが、睡蓮咲きました。白い睡蓮で、昨年は気温が高すぎて咲かず...。曇りと弱い雨だったせいか6月末までに2回開花しました。風知草も一緒にうえています。今はグラジオラスがだいぶ伸びています。それにしてもそこから7月をすぎ曇天と雨天の続く日々はなかな ...

スモークツリー他を使った壁作品を自宅で再構成したときの写真です。新緑のもみじを初雪草とあわせて、ドライフラワーにした大輪の芍薬を加えています。今年はまだEnglishRoseが咲いています、紫陽花とゆり、ばらが同時にさきつづけているのはなかなかに珍しいことです。ラス ...