1DAY-25HOURS デザイン・フォー・ライフ

from ousia@web 高嶺(Takane)によるデザイン・フォー・ライフ. テキストと写真で綴ります.

思想史と美術史、および時事については社会学観点より。舞台芸術、アニマルライツ、ジョージアン様式建築の輸入住宅インテリア、バラ園芸について執筆中。駐日英国大使館公認ブログ(2008-9).駐日英国大使館広報blog(2010〜)英国アンバサダー2015-2017 日英交流150年アーカイブ(国立国会図書館)にて記事閲覧できます。http://warp.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/284894/www.ukjapan2008.jp/blog/read/ ご連絡はメールフォームとTwitterDMから.  




瑠璃色の刻、初日に続き2回目をようやく観劇しました。主演の美弥るりかさんのTea Partyでお稽古や東京にに来てからの様子もお聞きしていたので、観に行けて良かったです。この日も立ち見のお客様も多く来場されていました、初日より前の席で観られ、今回は全体を特に観てきましたので少し感想を追記したく思います。


幕開き、美弥さん登場までの、サンジェルマンの影のダンサーさんやはり凄いです。
月組群舞はさすがのひとこと。サンジェルマンの影役は10名。
夢奈瑠音 蓮つかさ 佳城 葵 音風せいや 蒼真せれん 英かおと 蘭 尚樹 空城ゆう 天紫 珠希 彩音星凪 

特に前列3名の方は凄く上手いと思いますが、パート、パートでいいですよね。振り付けや止まる時の形もきれいです。舞台機構を動かして大変かとも思いますが、美弥さんのサンジェルマンのソロが素晴らしいので、影たちもいいんです...

貴族のパートも好きです、ここはまだルイ14世時代の国家基盤が生きているころのフランス宮廷。
貴族の男 : 響れおな 颯希有翔 蓮つかさ 佳城葵 蒼真せれん 英かおと 蘭尚樹 空城ゆう


改めてキャストを書くと早替えの凄さも感じますね...!響さんは通し役ではダミアンなのでこれは凄い。

ルイ16世の光月さん(るみこさん)。ルイらしいなあと思います。ジェントリーでルイらしいというか。1789ではネッケルでしたからDVD出たら見比べできます。フィナーレもダンスが素晴らしい。飛鳥裕さんみたいな風格があります。美弥さんともPUCKでのビリヤードシーンも好きですね。

フィリッポ、なぜか更になまりが凄い事に(笑)すっかり癒しキャラになってました。フィリッポに対するつっこみ団員たちもいい。モリエールをもっと出してもよかったかも。


とりあえず、思ったことを箇条書きにしていきますね。

1. ジャックの役は二人というか、人格を二つに分けても良かったかも。一人は、シモン/サンジェルマンを見守る立場、もう一人は離反する立場。2名の友人役がいてもよかったかも。例えば見守る立場で響さん、離反する立場で今の月城さん。なぜかというと、ジャックの行動同期が???という場面があるからです。最初はむしろシモンに同調していてシャンポール城でも嬉々として財を手に入れられると思ってますよね。でもいつからか、父母が死んだことから復讐者になる。最初の段階でシモンとジャックは、ダミアン一座から離脱していますが、ジャックは更にテオドールを演じることになり、最終的にはシモン/サンジェルマンも見限り(ラストでは見逃しますが)合計すると自分の立場がいた人たちを何度裏切っているんだろうか、と。それから、国民議会にそんなに簡単に参加できるものだったんでしょうか。ここら辺は私の勉強不足ですが、1789で、ロナンがカミーユやダントン、ロベルピエールたちと結局は異質だとおもってしまうような事実的な関係は薄まっています。
テオドールというサンジェルマンの従者という「役」では飽き足らないというアイデンティティなら理解できます。

2.アデマールの反感の理由も同様です。もし貴族階級ということを全体的にとらえるならば、最初から王宮で踊る事も拒否すればいいのでは。認められて、宮廷に入るが、なぜかバヤデール的な展開に。彼女も最後はアントワネット側に付き従いますが、それはやはり、罪を認めているのに、それを更に赦す(For give)という精神を王妃から知ったからかも。

このあたりのエピソードで考えられるのは、階層=全体の人格ではなくて、それぞれの個人の立場や悩み、個としては同等なのだということを認識するということかもしれません、美弥さんのシモンも、最初はサンジェルマンを演じることを目的としていますが、彼がこだわったのは、「必要とされること、個人として人は孤独な面をもっている」という個の認識を持ったからでしょう。ルイ、およびダミアンと会話させても良かったかも。
不変的なテーマはシモン/サンジェルマンに集約されています。

3.突然のカリブの海賊状態。(ラストのテオドール(爺))...足元に気を付けろとMC/SE入れたくなるくらいですが、月城さんの雪的芝居で成り立ってるように見えますが、リアリティある月芝居を観ていると、おおぅとなります;私だけでしょうか。孤独死すぎるだろう!こういうテイストの違うお芝居が連立するところも宝塚の演劇は見比べると面白いとは思いますが、すまない...うすた京介的・岡田あーみん世代なので...
俺はここにいるぜ!と銀ちゃんのフィナーレで棺桶から銀四郎登場、みたいなオチを思い浮かべてしまいすみません...。

4.ロベスピエールの宇月さん。ロベピの狂気、強制自由発動、権力と粛清のあらし(その後彼も粛清される)の過渡期を少しにおわせていていいですよね。握りこぶしが熱い。(若干、あさこさんの「ラストプレイ」「ただじゃおきない!」(正塚先生)を思い出すものが;)
あとフィナーレもいいです。フィナーレの男役さん群舞は素晴らしいです。1789では印刷工だった宇月さんがロベスピエールでいいですよね。諸君!のシーンは名場面ではないですか。

5.ついでにかいておくと、決起の場面で、バッターボックスに入った3番バッターみたいなつるはしを持ったかたがいるんですけども..(笑)わざとなのか、わざとではないのか、稽古場と原田先生(と月P?)のみぞ知る;
※ 個人の感想です

6.プチトリアノン時代のマリーはやはり植田先生のジャン・ルイでの早乙女さんが自然体。お芝居部分でもわかばちゃんver.が見たかったなあとは思います。白雪さんのマリーは円熟期のマリーらしくて、おおらかさ寛容さを体現していていた良いです。いろんなマリー像があるなと思います、だから人気なのでしょうね。
夏月さんのポリニャック、実は現代劇で美弥さんとのやりとりを是非見たいです(笑)
どうしてもスタジオ54のイメージが。サイトーショーかサイトー芝居で美弥さんとアドリブありの場面を期待している者がここに...。

まだまだありますが、まだ見届ける回があるので今回はこの程度で。
ドラマシティと東京公演は変更も多いので、千秋楽(CS放送)とDVDは別の楽しみがありますね。
瑠璃色の主題歌、ラピスラズリがずっとリフレインしています。はやく好きなときに好きなだけ観られる映像が待ち遠しいです。そういえば、舞台写真が追加されてます!(舞台写真は、キャトルの店舗で焼き増し注文できますよ。もし期間中には買えない方も....この方法で。)
美弥ちゃんの二幕のバレエ(ここはどちらかというとコンテンポラリー風。音とテーマを体現してるあたりが、舞音のシャルルも彷彿とさせます。素晴らしい。)とフィナーレのダンス、海ちゃんとのダンス場面も素晴らしいです。
サンジェルマン時の所作、レヴェランス、音とパの限界まで表現する力、フィナーレも感動します...

この日はオペラグラスを実は持参できず、でも初日より前のお席で観られたので全体を観ることができました。
スカーレット・ピンパーネルも上演中ですし、この激動の時代を知るきっかけになるといいと思っています。
宝塚にはいい座付きの作家さんがいるので、ぜひ王政復古、ナポレオンといった面だけでなく、パリ・コミューン時代、そして...みたな18世紀から20世紀をたどれる作品があるといいですね。木村先生、生田先生に期待します。美弥さんでも原田先生の近現代ものが見たいです。さらにサイトー先生、小柳先生でも観たいものはあるし。フィナーレのダンス・レビューの時間、月組なら1・5倍にしてもOKです。というか希望。。。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ


とにかく演出とライティング、音楽も良作です。



ブログランキング・にほんブログ村へ














5


2017-05-17-18-40-50


5月17日夜に開催されたWSTA / British Sparkling Wine Nightに出席して来ました。駐日英国大使館からのご招待です。英国アンバサダーアワードで各部門受賞された皆様ともお会い致しました。


2017-05-17-18-46-42


まずはウェルカムドリンクのジン・トニックを頂きました。このイベントは、英国の4つのジン、6社のワインが紹介されたイベントで、試飲とお薦めの飲み方、特色、お料理に合わせてジンとワインを愉しめるイベントでした。


今回初めて日本で開催されたプロモーションでもあり、現在すでに飲食店やバー、洋酒スピリット専門店などで購入・オーダー可能なものもありますが、初めて紹介されたものも。
伊勢丹・三越も関わっているので今後、英国展やワインの催事でもお目にかかったり試飲購入できるかもしれません。今回はいちはやく、試したものを感想と写真とともに。

2017-05-17-18-46-34 ジントニックは定番中の定番です。このトニックも美味しいです。いつもはシュウェイプスですがジンの香りを引き立てます。



セレモニーと英国ワインとクラフト ジンの紹介からスパークリングワインの乾杯へ!





まずはジンとスパークリングワイン中心に、お料理は別記事にしたいと思います。






当日参加の英国ブランドはこちら

No.3 Dry Gin (http://www.no3gin.com/ )


 Berry Bros. & Rudd (http://www.bbr.co.jp/ )
Bolney Wine Estate (http://www.bolneywineestate.com/)

Cotswolds Gin 


 Foxhole Spirits (https://www.foxholespirits.com/ )


 Furleigh Estate (http://www.furleighestate.co.uk/ )
Gusbourne Estate Limited (https://www.gusbourne.com/)
Nyetimber Ltd. (http://nyetimber.com/)
Sipsmith Gin (https://sipsmith.com/)

ティスティングの後は、冷製 温製のアペタイザーやフィッシュアンドチップス、チーズマカロニ、ローストビーフ、ベイクドビーンズなどのお料理と一緒に、参加された英国大使館からのご招待のかた、関連企業の方々とお話しを。
歓談するのに大変よいフロア空間でした。


続きます。



2017-05-17-18-39-00

3rd pageのエントランスコーナー
こちらには東急系のホテル+レストランがあり、以前アメリカからの研究者の先生をお迎えにいったことがあります。初夏にはバラも咲くのですね(我が家のアーチと同じアンジェラで思わず写真を)

2017-05-17-18-39-26


セレモニーの様子、ドリンク写真追加します。


【正規品】コッツウォルズ ジン ロンドン ドライジン ノンチルフィルター リキュール スピリッツ 700ml 46% ハードリカーCOTSWOLDS DRY GIN LONDON DRY GIN 700ml 46%
【正規品】コッツウォルズ ジン ロンドン ドライジン ノンチルフィルター  700ml 46% ハードリカーCOTSWOLDS DRY GIN LONDON DRY GIN 700ml 46% ■ディグビー・ファイン・イングリッシュ ディグビー・ファイン・イングリッシュ レゼルヴ ブリュット[2009]泡(750ml) DIGBY FINE ENGLISH Digby Fine English Reserve Brut[2009]【出荷:7〜10日後】
■ディグビー・ファイン・イングリッシュ レゼルヴ ブリュット[2009]泡(750ml) DIGBY FINE ENGLISH Digby Fine English Reserve Brut[2009]【出荷:7〜10日後】 No.3 ロンドン ドライ ジン 700ml 46度
No.3 ロンドン ドライ ジン 700ml 46度



#英国アンバサダー



Livedoor 

月組 <瑠璃色の刻>(於:赤坂ACTシアター)初日

西美 <シャセリオー展>と<スエーケン展>と"す...

瑠璃色の刻 Tea Party (於:パークプリンス 芝公...

インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

"大神オーディンも照覧あれ..." 


https://cookpad.com/kitchen/7597382
英国大使館のキッチン:公式クックパッド


http://www.visitbritain.com/ja/JP/

https://www.visitbritainshop.com/japan/trips-and-tours/

https://www.gov.uk/government/world/japan.ja

Taste of Britain
https://www.facebook.com/oishii.igirisu

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

GREAT
http://www.greatbritaincampaign.com/


にほんブログ村

5
image

<竜を退治する聖ゲオルギウス>

ゲオルギウス=ジョージ、ゲオルギウ、ゲオルグと各地各言語各国で呼び方は違いますが、たくさんの主題となる<聖ゲオルギウス>(国立西洋美術館)http://www.nmwa.go.jp/jp/

以前は撮影禁止だったと思うのですが、世界遺産に登録された関係か西美の常設展の作品のほとんどが撮影可能(フラッシュ禁止)になっていました。詳細は、展示室・ギャラリーで学芸員の方や係りの方にお確かめください。禁止のものもありますので。

image


寄進者の描かれ方で、中世からフィレンツェルネサンスの変容も観られるなど、主題は同じであっても時代によってこそ違い、画家の特性、またパトロネージの背景も分かるのが宗教絵画の興味深いところです。
アダムの死がMemento Moriの題材になることが多いですが(例:フィレンツェ サンタ・マリア・ノヴェッラ聖堂のブルネレスキのフレスコ画)この作品では聖母の死が寄進者とともに描かれています。寄進者が聖人たちとほぼ同等の大きさで描かれるのはフィレンツェルネサンスの特徴でもあります。
(さらに、ボッティチェリ時代になると集団肖像画の体裁をとったり、画家が自画像を描きこんだりもします)

image

国立西洋美術館の常設でいつも観るのはこのヴァニタスです。
実に透明なガラス器具、書物、懐中時計、マーブル紙の質感、布の質感、真鍮の質感、見事な作品。
そしてすべては、いずれ形あるものは消滅する、ヴァニタスもまた、Memento mori のヴァリエーションでもあり、時間をあらわす時計、死すべき人間が最後の姿となる髑髏と...行くたびにじっくり見てしまう作品。

image

ユベール・ロベール Hubert Robert
1732年 - 1808年
モンテ・カヴァッロの巨像と聖堂の見える空想のローマ景観/
マルクス・アウレリウス騎馬像、トラヤヌス記念柱、神殿の見える空想のローマ景観

1786年



5月の記事一覧2位から9位まで

英国アンバサダーアワード 2017 (於:駐日英国大使館)

アスパラガス、オランデーズソース、ライラック クロックマダム

TRESURE 大英自然史博物館展(2)プリニウス「博物誌」ウォーターハウスのデザイン素描とテラコッタライオン像 (於:国立科学博物館 上野)

薔薇:ウィンチェスター・カテドラル 睡蓮 ライラック 

ばら ”ニュー・ドーン” / Hennessy、ジンジャーエール、紅茶を使ったミキシング・レシピ

薔薇 ウィンチェスター カテドラル Winchester cathedrale 5月記事一覧


ブログランキング・にほんブログ村へ

現在、当blogは登録カテゴリーを美術に入れていないのですが、バナー作成しました。
公開利用可能状態ですので、美術館・ART関係blogリンクに宜しければお使い下さい。







4



何度目かの春水堂へ、今回は銀座で用事のあと、芝・赤羽橋に行く前に明治神宮前・表参道でちょっと買い物...すべく、立ち寄りました。天気もよく表参道の欅並木も心地よい。(人は多いが)
今回は持ち帰りで、タピオカ鉄観音ミルクティ―とタピオカミルクティを持ち帰りオーダー。
台湾でもタピオカミルクティやドリンク買うと、シーリングしていて、よくある被せるプラスチック蓋ではないので、持ち歩きもこぼれる心配がないのがいいです。



こちらがタピオカ鉄観音ミルクティ




 


 
   春水堂のロゴが手前にきてるほうが、娘がオーダーしたほうのタピオカミルクティーです。
久々のお休みで春水堂でタピオカドリンクとあってご満悦のようす。

氷部分もミルクティですからゆっくり飲めるし薄まらないのです。


           

こんな天気がよい日は、持ち歩きつつ、お買い物にうってつけです。

地元にMANGO(スペインのカジュアル衣料ブランド)が撤退したので、MANGOへ行ったのでした。
それからJM.(ラフォーレ内)
時間切れでコム・デ・ギャルソンには行けていません。

大宮ルミネに出来たらしいと聞きましたが、北千住かレイクタウン、新越谷+南越谷あたりに来て欲しいですね。。

    
     
    
    
        
            2017-05-15-08-02-30


薔薇は順調に咲いてます。にこさんにも。。



作成しました、自宅でお料理した記事でどうぞ!
            
            月組 <瑠璃色の刻>(於:赤坂ACTシアター)初日

           西美 <シャセリオー展>と<スエーケン展>と”す...

瑠璃色の刻 Tea Party (於:パークプリンス 芝公...

インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

”大神オーディンも照覧あれ...” 
       

5


気温が上がった、睡蓮に新しい葉が出てきたと言ってはいましたが、油断しているうちに、睡蓮が開花しました。

新しくて大きな葉の影に隠れるように大輪(毎年よりも)の花を...
明日は早朝の睡蓮を写真とれればいいなと思っております。
すいれんは、夜花がしぼみ、早朝、太陽とともにまた開花してきます、もちろん開花したての早朝が美しいです。

image

鹿のオーナメント。鹿の頭部の下にベルがついています。
年月がたつほど、味わいが。

2017-05-15-12-56-59


母の日なのでリンドールも購入してきました。(有楽町)このたび北千住ルミネにもあると知りましたが(一階は乗り換え時もあまりいかないので気が付きませんでした)
カファレルもできてほしいです。

薔薇の開花写真や、室内にいけた写真はまとめて別の記事にて....

5



パークプリンスで開催された月組 美弥るりかさんのお茶会に行ってきました。会場は盛況で天井会場ライティングも瑠璃色一色です。







 壇上のお花もデルフィニウム?や青ばら、青ガーベラと瑠璃色です。




 よくメディアセンターへ行くときに(特に新宿都庁から向かうときは赤羽橋を利用する)赤羽橋は使います。
ここは都内でも一番東京タワーが綺麗にとれる場所です、夜はライトアップされますよ。季節によって変わったりも。











瑠璃色の宝玉こと「賢者の石」これは数種類、5-6種あるそうです。
一部は遠隔操作ができるそうですが、このたまの光る操作は美弥ちゃんが自分でされているそうで、歌いながら踊りながら、お芝居しながらこのたまの扱いをするのはなかなか大変とのこと。たしかに大きさもけっこうありますし。
(一瞬、ドリライで中河内(会長)が不二(たあと)のラケットを借りて「光ったーぁ」「仁王君...あのね、ちゃんと使ったあとはライトをスイッチ決さないと、怒られちゃうからね」という件を思い出してしまう....という。小道具は大変ですよ!でもそんな大変さは舞台では見せないのがさすがです、美弥ちゃん。




このオリジナルミラーのデザインが素敵。。お土産です。

お芝居は幕が開いてから演じ役を生きるなかで生まれてくる感情や考え、思いなどがあるため、原田先生ともお話しされながらよりよい芝居 作品にしていく、そんな過程を大切にされてるのがよくわかりました。

東京赤坂ACTも折り返し、まだまだお話しありますがこれからまだ初見のかたもいると思うのでとりあえず写真と報告から。。

ACTの二階席、美弥ちゃんが階段セットの一番うえに登ると丁度、二階席のお客様と目の高さが一緒になるそうですよ!


アビステの担当者さんがパークプリンスにいらっしゃるはずなんですが、パークプリンス広いですね!
ショップまで行けなかったので、またリベンジします。。

正月と夏のバレコンはだいたい大門メルパルクも多いのでそれもチョット懐かしくなりました。






4
2017-05-12-16-00-14



2017-05-12-15-43-22


2017-05-12-15-42-15

世界遺産に登録されてからでしょうか、久しぶりに西美の常設展もスエーケン展会場でもあるのでシャセリオー展の後に行ってきました。
会場で確認しましたが、西美が所蔵している作品に関しては、フラッシュなしなら撮影可能になったとのことでした。以前は違ったように思いましたので(勘違いならすみません)これで国外の美術館並の基準になったようで、良かったなあと思っております。常設も、ハンマースホイ、シモン・ヴーエ、ロイスダール、フィレンツェ派の祭壇画、ヴァニタス、等名画が揃ってきていますから...

その中から少しだけ撮った写真をUPします。

はやくシャセリオー展の感想も書かねば。

5月15日付の記事一覧です アクセス順

1.2015-04-08インターコンチネンタル バリ Intercontinental Bali 滞在記(4)シンガラジャ・ウィング
2.2017-05-14月組 <瑠璃色の刻>(於:赤坂ACTシアター)初日
3.2017-05-13西美 <シャセリオー展>と<スエーケン展>と”すいれん” (西美併設カフェレストラン)3月4月キーワドモバイル版
4.2017-04-19宙組 全国ツアー公演DVD <バレンシアの熱い花> <HOT EYES!!> (神奈川県民ホール 収録) 
5.2017-05-11”大神オーディンも照覧あれ...” 
6.2017-02-202017年エディンバラ国際フェスティバル(3)日程と各公式サイト:国際映画祭、国際サイエンスフェス、音楽とダンス・パフォーマンス(於:駐日英国大使館)
7.2017-05-07薔薇 ウィンチェスター カテドラル Winchester cathedrale 5月記事一覧
8.2017-04-28英国アンバサダーアワード 2017 (於:駐日英国大使館)
9.2017-05-13咲いた薔薇を一輪ずつ...
10.2017-04-21というわけで ”薔薇の騎士”
11.2017-04-09宙組 <王妃の館><VIVA FESTA> 2回目 (於・東京宝塚劇場 日比谷・有楽町)
12.2015-04-16インターコンチネンタル バリ Intercontinetal Bali 滞在記(6)
13.2015-05-27山あじさい:「藍姫」「紅(くれない)」 アナベル・ハイドランジアも咲きました
14.2017-05-07イタリアの花文字のカード GUCCI銀座店フロア リニューアル
15.2017-05-04アスパラガス、オランデーズソース、ライラック クロックマダム
16.2017-05-15アーチの薔薇と New Dawn(1930)クライミングローズ 
17.2017-05-03薔薇:ウィンチェスター・カテドラル 睡蓮 ライラック 
18.2017-05-01TRESURE 大英自然史博物館展(2)プリニウス「博物誌」ウォーターハウスのデザイン素描とテラコッタライオン像 (於:国立科学博物館 上野)
19.2017-05-09薔薇 : ワイルド イヴ (Wildeeve) レディ ヒンダリン(Lady Hillingdon) アーチのアンジェラほか
20.2017-05-10薔薇 Teasing Giogia 4月の記事一覧(9位まで)アーチのつる薔薇
21.2017-01-27ナンバー2不要論は正しいのか 他
22.2017-05-08メヒコで蟹づくしメニュー 吾妻橋 (浅草)
23.2017-05-01薔薇 Teasing Geogia Wild Eve 百合 4月の記事一覧
24.2017-04-19瑠璃色 稽古場レポート観ました
25.2015-11-18ミュージカル <ダンス・オブ・ヴァンパイア> 二回目(於:帝国劇場 日比谷)
26.2017-05-12銀座 和貴さんにて草月のいけばな展示
27.2012-05-12《ドン・ カルロス》 (於:日比谷 東京宝塚劇場) 宗教改革と反動宗教改革と他者性 ナショナリズム
28.2017-03-02インターコンチネンタル バリ Intercontinental Bali 滞在記(1) クラブ インターコンチネンタル Club intercontinental クラブルーム
29.2017-04-25アーチのつるばらAngela 咲いてきました 4月の記事一覧
30.2017-05-12いけばな:自由花:ライラック オーニソガラム 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2017-05-12-15-37-12

古典主義らしい歴史画はやはり好きな絵画ジャンルです。歴史画は風景、人物、建築物、ドラマ(これは主題と画家のテーマの重要視がいかほどかできまる)動物、自然光などあらゆる絵画技能が必要とされ、さらに歴史画のテーマにも通じている必要があるので長年、サロンでは一番格の高い絵画ジャンルとされています。
ここからクロード・ロランなどは、徐々に歴史画の主題を残しつつ、風景景観、自然などを描くようになっていきます。静物画や風景画が絵画芸術として認められていくには長い時間がかかります。
そして静物画はヴァニタス。もの、ではないのです。生き生きと描きながらも、それは物はいつか腐り失われる。
死を想え、のヴァリエーション。肖像画も絵画としてみるだけでなく、描いた画家、依頼して残した当時の人々は自覚的に、いつか自分の肉体は亡くなり、死と生を自覚的に生きていたことがわかります。
優れた肖像画をみるとそんな想いを馳せています。

2017-05-12-06-16-01

薔薇のレディ・ヒンダリン。


2017-05-06-14-20-03


英国のアロマ頂きました!有楽町丸井にもショップがあるようです、香り、ロールオンのナチュラルな香りで気分転換していきたいものです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ にほんブログ村 花・園芸ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 
にほんブログ村 

 

        

読書 書籍 BOOKSブログトーナメント - ライフスタイルブログ村
読書 書籍 BOOKSブログトーナメント
作成しました、エントリーはお気軽にどうぞ。本や読書の感想やレビューなど。

        

美味しいお料理 12ブログトーナメント - ライフスタイルブログ村
美味しいお料理 12ブログトーナメント
こちらも本日まで。32記事エントリー参加いただいてます、皆さまも記事もご覧ください。